脂肪吸引とは

脂肪吸引とは名の通りに体内に存在する脂肪を吸引して取り除くものです。
脂肪といえば人間の肥満に原因があるとされる存在であるため、脂肪吸引を行って脂肪を取り除けば自然と痩せることができるわけです。


正確には脂肪というよりも脂肪細胞と呼ばれるものを吸引するものであり、脂肪細胞を取り除くことで痩せるだけでなく数を減少させて吸引した部分を痩せ難くする効果もあります。
脂肪吸引の方法としては幾つか存在し、基本的にカニューレと呼ばれる管を挿入してそれによって脂肪細胞を吸引していきます。


他にも現在では医学の進歩もあり、超音波を体内に発することで脂肪細胞を破壊して吸引する方法、体外から超音波を発することで脂肪細胞を吸引しやすくしてカニューレで吸引する方法、カニューレ自体を振動させることで細胞を破壊して吸引する方法、レーザー光を照射して細胞を柔らかくして吸引する方法等があります。
技術の進歩は危険性の低下もあるため、現在も危険が絶対にないとは言い切れませんが、昔に比べれば安全に施術を受けることが可能となりました。


しかし施術を行った後で思う方もいると思いますが、太る危険性はないかどうかということです。
では実際に脂肪吸引後に太る可能性というのは存在するのでしょうか。
脂肪吸引は自分の体に作用する施術です。
昔に比べれば危険がないとはいえど、やはり受ける以上は一定の危険性を理解して受けなければいけません。
では脂肪吸引によって起こりうる危険性にはどのようなものがあるでしょうか。


▽関連サイト
元心臓外科出身のドクターが院長の脂肪吸引クリニック、大阪店のサイトです ⇒ 脂肪吸引クリニック 大阪店

Copyright © 2014 脂肪吸引後に太る危険性ってあるの? All Rights Reserved.